(第1報)新型コロナウイルスに関連した患者の発生について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年1月30日 22時00分

印刷

本日(1月30日)18時頃に、東京都健康安全研究センター及び国立感染症研究所より、今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の症例の報告がありました。

この患者は、中華人民共和国湖南省長沙市在住のツアーコンダクターであり、1月24日にご本人が医療機関を受診した際に、武漢市の滞在歴の申告があったとして、報告がされたものです。

本件について、濃厚接触者の把握を含めた積極的疫学調査を確実に行ってまいります。

概要

年代

30代

 性別

 女性

 居住地

中華人民共和国(湖南省)

 症状、経過

  • 1月19日に武漢市に滞在。
  • 1月20日に入国。入国時は症状なし。26日まで国内を引率。
  • 1月24日から発熱と咳が出現。都内の医療機関を受診。
  • 1月27日症状が改善しないため、都内の医療機関を再受診。インフルエンザ陰性
  • 1月30日症状が改善しないため、都内の医療機関を再受診。胸部レントゲン検査にて肺炎像が認められ、そのまま入院

行動歴

本人からの報告によれば、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。
なお、発症後はマスクを着用していたとのこと。
※患者・御家族の人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。

 

【都民の皆様へ】

  • 新型コロナウイルス感染症は、我が国において、現在、流行が認められている状況ではありません。都民の皆様におかれましては、季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの基本的な感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • 武漢市から帰国・入国された方あるいはこれらの方と接触された方におかれましては、咳や発熱等の症状がある場合には、マスクを着用するなどし、事前に医療機関に連絡した上で、受診していただきますよう、御協力をお願いします。また、医療機関の受診にあたっては、武漢市の滞在歴があること又は武漢市に滞在歴がある方と接触したことを事前に申し出てください。

(参考)コロナウイルスとは

人や動物の間で広く感染症を引き起こすウイルスです。人に感染症を引き起こすものはこれまで6種類が知られていますが、深刻な呼吸器疾患を引き起こすことがあるSARS-CoV(重症急性呼吸器症候群コロナウイルス)とMERS-CoV(中東呼吸器症候群コロナウイルス)以外は、感染しても通常の風邪などの重度でない症状にとどまります。詳細は、国立感染症研究所の情報ページをご参照ください。

「人に感染するコロナウイルス」(国立感染症研究所)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9303-coronavirus.html

(参考)

「中華人民共和国湖北省武漢市における新型コロナウイルス関連肺炎の発生について」(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

「新型コロナウイルス感染症に関する情報」(東京都感染症情報センター)

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/2019-ncov/

このページに関するお問い合わせ

  • 患者発生状況に関すること
    東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課
    電話:03-5320-4482
ID 1007264