(第32報)新型コロナウイルス感染症に関する一般電話相談(コールセンター)の対応を充実します‐新たに「英語、中国語、韓国語による電話相談」と「聴覚に障害がある方などからのファクス相談」を開始‐

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年2月26日 14時00分

印刷

東京都では、新型コロナウイルス感染症の患者発生を踏まえて、1月29日(水曜日)から電話相談窓口(コールセンター)を設置し、都民の皆さまからの相談に対応しています。

2月28日(金曜日)からは、日本語に加えて、英語、中国語、韓国語での相談や、聴覚に障害のある方など電話での相談が難しい方からのファクスによる相談にも対応いたします。

これに伴い、以下のとおり番号が変更になります。

新しい電話番号等 (2月28日(金曜日)午前9時から)

  • 多言語(日本語、英語、中国語、韓国語)による相談
    電話番号:0570‐550571 (ナビダイヤル)
  • 聴覚障害のある方などからの相談
    ファクス番号:03‐5388‐1396

 ※2月27日(木曜日)までは、03‐5320‐4509(午前9時~午後9時)で対応しています。

受付時間

午前9時から午後9時まで(土、日、祝日を含む) 

対応内容

  • 感染の予防について
  • 心配な症状があらわれた時の対応について
  • その他

※「風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている方」や「強いだるさや息苦しさがある方」(高齢者や基礎疾患等のある方は、この状態が2日程度続く場合)は、最寄りの保健所等の「帰国者・接触者電話相談センター」にご相談ください。

このページに関するお問い合わせ

東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課
電話:03-5320-4487

ID 1007374