(第58報)赤外線サーモグラフィーによる「駅ナカ検温コーナー」の設置について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年3月3日 11時30分

印刷

交通局では、地下鉄をご利用になるお客様が、乗車前に体温を自己チェックできるようにすることで、検温等の体調管理の重要性をPRするとともに、新型コロナウイルス感染症に関する様々な情報を提供し、広報コーナーとしても活用するため、下記のとおり「駅ナカ検温コーナー」を設置します。

設置場所

大江戸線都庁前駅 改札口付近

運用開始

令和2年3月4日(水曜日)12時頃

運用方法

  • 赤外線サーモグラフィーを配備したブースを2ケ所、改札口付近に設置
  • プライバシーに配慮した上で、ディスプレイをお客様ご自身が確認
  • 利用促進を掲示物でご案内
  • 加えて、発熱のある方やご心配の方に、新型コロナ患者相談センター又は一般電話相談(コールセンター)を掲示等によりご案内

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

都営交通お客様センター
電話:03-3816-5700(9時00分~20時00分 年中無休)

ID 1007422