(第189報)新型コロナウイルス感染症に関する知事コメント

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年4月11日 19時30分

印刷

新型コロナウイルス感染症に関する知事のコメントを下記のとおり、お知らせいたします。

東京都知事 小池 百合子

 

 本日、197件の感染者が確認され、過去最大の感染者数となりました。都内の感染者数は引き続き高水準で推移しており、非常に逼迫した状況が続いております。

 現在の状況について、不安を感じていらっしゃる方も多いと思いますが、都は引き続き、患者の重症度に応じた病床確保、宿泊療養施設の運用開始、PCR検査等体制の充実などを進め、医療提供体制の強化を行っております。

 医療は都民にとって守るべき共通の財産であります。

 医療体制を危機的な状況に追い込まないためにも、都民や事業者の皆様には、緊急事態措置の内容について、ご理解とご協力をいただきますよう、強くお願いいたします。

 この重大局面を乗り越えられるかどうかは、都民の皆様のお一人おひとりの行動にかかっています。「ステイホーム」を実践していただき、ご自身を守るため、皆様の家族や大切な人を守るため、私たちが生活するこの社会を守るため、皆様と私たちが一丸となって、この国難をどうにか早期に乗り越えていきましょう。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健局総務部総務課
電話:03-5320-4032

ID 1007667