(第281報)軽症者等を受け入れる宿泊療養施設への最先端ロボット等の導入について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年4月29日 18時30分

印刷

東京都では、新型コロナウイルス感染症の陽性患者のうち、入院治療が必要ない軽症や無症状の方々を受け入れる宿泊療養施設を運営しています。

このたび、最先端技術を活用し、宿泊療養施設の生活をより安全で快適な環境とするため、お掃除ロボットや入居時のお出迎えロボット、入居者・看護師の負担軽減につながるスマホを活用した健康管理アプリケーションを、今後新たに開設する施設に試行的に導入します。

詳細については、別紙をご参照ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

ロボットに関すること
東京都総務局総務部企画計理課
電話:03-5388-2288

健康管理アプリケーションに関すること
東京都戦略政策情報推進本部ICT推進部企画課
電話:03-5388-2518

ID 1007792