(第324報)新型コロナウイルスに関連した患者の発生について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年5月10日 18時30分

印刷

都内の医療機関から、今般の新型コロナウイルスに関連した感染症の症例が報告されましたので、別紙のとおり、お知らせします。

【都民の皆様へ】

  • 都民の皆様におかれましては、風邪や季節性インフルエンザと同様に咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
  • 少なくとも次のいずれかに該当する場合は、すぐにかかりつけ医または「新型コロナ受診相談窓口(帰国者・接触者電話相談センター)」にご相談ください。
    ・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
    ・発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
    (症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。) 
    ※ 高齢者や基礎疾患等のある方、妊婦の方は、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
  • かかりつけ医または新型コロナ受診相談窓口でご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、PCR検査センターまたは新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)」をご紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。
    なお、複数の医療機関を受診することはお控えください。

【相談後、PCR検査センターまたは新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)を受診する際のお願い】

  • かかりつけ医または新型コロナ受診相談窓口(帰国者・接触者電話相談センター)から受診を勧められたPCR検査センターまたは新型コロナ外来(帰国者・接触者外来)を受診してください。
  • 受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖を使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。

【相談窓口について】

東京都における相談窓口については、こちらを御参照下さい。

「新型コロナウイルス感染症にかかる相談窓口について」(東京都)https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/coronasodan.html

(参考)

「新型コロナウイルス感染症について」(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

「新型コロナウイルス感染症対策サイト」(東京都

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

「新型コロナウイルス感染症に関する情報」(東京都感染症情報センター)

http://idsc.tokyo-eiken.go.jp/diseases/2019-ncov/

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

(患者発生に関すること)
東京都福祉保健局健康安全部感染症対策課
電話:03-5320-4482

(新型コロナウイルスに関する一般相談)
東京都福祉保健局健康安全部
新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口

電話:0570-550571
受付時間 午前9時から午後10時まで(土、日、祝日を含む)

電話番号のお掛け間違いにより、ご迷惑をお掛けするケースが発生しています。
頭の0(ゼロ)を忘れないよう、ご注意ください。
お問い合わせの際は電話番号を再度お確かめのうえ、お掛けくださいますようお願い申し上げます。

ID 1007848