(第365報)令和2年第二回定例会補正予算(案)について 

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年5月19日 15時00分

印刷

 補正予算編成の考え方

新型コロナウイルス感染症と都民生活や経済等への影響に対する「東京都緊急対策(第四弾)」に掲げる施策のほか、感染症防止と経済社会活動との両立を図るための施策等を実施するとともに、国の補正予算(令和2年4月成立)に基づき、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金などを計上します。

【補正予算の柱】

1 新型コロナウイルスの感染拡大を阻止する対策
2 経済活動と都民生活を支えるセーフティネットの強化
3 感染症防止と経済社会活動との両立等を図る取組
4 社会構造の変革を促し、直面する危機を乗り越える取組

財政規模

補正予算の規模

区  分 今 回 補 正 既 定 予 算
一般会計 5,826億円 7兆8,144億円 8兆3,970億円
特別会計 6兆  152億円 6兆  152億円
公営企業会計 5億円 2兆  856億円 2兆  862億円
合計 5,832億円 15兆9,152億円 16兆4,984億円

補正予算の財源(一般会計)

区  分 歳  出  
国庫支出金 財政調整基金
繰入金
基金繰入金 その他特定財源
一般会計 5,826億円 875億円 4,474億円 424億円 53億円

 (注)各計数は、原則として表示単位未満四捨五入のため、合計等に一致しないことがある。

補正事項

添付ファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都財務局主計部財政課
電話:03-5388-2669

ID 1007929