(第401報)緊急事態宣言解除後の旅券(パスポート)窓口の取扱いについて

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年5月26日 16時00分

印刷

緊急事態宣言の解除に伴い、一時休止していた旅券の申請窓口等について、下記のとおり取り扱いますのでお知らせします。

新型コロナウイルスとの長い戦いを見据え、感染拡大を防止するための習慣「新しい日常」が定着した社会を構築することが重要です。外出自粛や混雑緩和の趣旨をご理解いただき、不要不急の来庁はお控えいただきますよう、ご協力をお願いいたします。

令和2年5月31日までの旅券窓口の取扱い

現在の旅券申請窓口の一時休止及び旅券の受取り窓口・電話案内センターの時間延長休止の取扱いを継続します。

この期間中に旅券を申請する必要のある方は、個別に対応いたしますので、電話案内センターにご相談ください。

※電話案内センター:03-5908-0400(月曜日~金曜日・日曜日 午前9時~午後5時)

  •  電話での相談が困難な方は、メールで承ります(mail:S0000574@section.metro.tokyo.jp)。

令和2年6月1日からの旅券窓口の取扱い

  1. 感染拡大防止対策を図り、通常通りの開庁とします。
    【令和2年6月1日からの申請・受取り窓口及び電話案内センター開設時間】
    月曜日~水曜日  午前9:00~午後7:00
    木曜日・金曜日  午前9:00~午後5:00
    日曜日 午前9:00~午後5:00(※日曜日には申請受付は行いません。)
     
  2. 来所の際には、マスクの着用をお願いします。
  3. 入り口で体温測定することがあります。37.5度以上の発熱が認められた方、風邪のような症状のある方は、入室をお断りすることがあります。
  4. 窓口にはアクリルパーテーション等を設置し、担当者はマスク・フェイスシールドを使用させていただきますので、ご理解をお願いいたします。

その他

  1. 感染拡大防止対策のため、入室をお待ちいただくことがあります。引き続き不要不急の申請はお控えいただきますようお願いいたします。また、既に申請された旅券は、発行から6か月以内であれば受取りが可能ですので、渡航予定のない方は、今しばらく受取りをお控えいただきますよう、お願いいたします。
  2. 風邪のような症状のある方、体調が優れない方は、来所をお控えくださるようお願いします。
  3. 海外から帰国された方、一時帰国で申請の必要がある方は、国・WHOが推奨する14日間の健康観察期間中は来所をお控えください。

このページに関するお問い合わせ

東京都生活文化局都民生活部旅券課
電話案内センター:03-5908-0400

ID 1008125