(第464報)クラウドファンディングを活用した事業資金の調達を応援します!~感染症による影響を踏まえ、助成制度を拡充~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年6月10日 15時00分

印刷

東京都は、創業やソーシャルビジネス等への挑戦を促進するため、クラウドファンディング(以下「CF」という。)を活用した資金調達を支援しており、手数料の助成や相談窓口の設置等を行っています。

令和2年度の手数料助成の申請受付を6月11日(木曜日)から開始するのにあわせ、新型コロナウイルス感染症に対応した特例措置を行いますので、お知らせします。

手数料助成の対象者

次のいずれかに該当する創業希望者または中小企業者(都内で行う事業に限る。)

  1. 創業の計画がある者又は創業から5年未満の者
  2. 新製品・新サービスの創出に挑戦する者
  3. 「『未来の東京』戦略ビジョン」の戦略に寄与するソーシャルビジネスを行う者

※個人事業主、株式会社、NPO法人、一般社団法人などが対象となります。

助成率 ※特例は今年度拡充

【原則】CF事業者に支払う手数料の1/2(上限額30万円)

【特例】以下のいずれかに該当する場合は、手数料の2/3(上限額40万円)

  • 感染症に伴い、発生・顕在化した社会的課題の解決に資するソーシャルビジネスを行う者
  • 感染症により経営に影響を受けている、令和2年1月1日以降に創業した者

CF事業者(9事業者10サイト)

運営サイト名 事業者名
A-port [株式会社朝日新聞社]
BOOSTER [株式会社CAMPFIRE] 
CAMPFIRE [株式会社CAMPFIRE]
GoodMorning [株式会社GoodMorning]
GREEN FUNDING [株式会社ワンモア]
JAPANKURU FUNDING [株式会社グローバル・デイリー]
Kibidango [きびだんご株式会社]
Makuake [株式会社マクアケ]
MOTION GALLERY [株式会社MotionGallery]
READYFOR [READYFOR株式会社]

※運営サイト名のアルファベット順

クラウドファンディング(CF)活用のメリット

資金調達の多様化

融資や補助金以外の手段で資金調達ができる

広告・PR効果

事業開始前に、ファンや見込み客を集めることができる

テストマーケティング

資金提供者の反応や意見を聞いて、ニーズを把握できる

手数料助成の利用の流れ

  1. プロジェクト立案
  2. CF事業者を選択 ←【相談窓口・セミナー】
  3. プロジェクト公開・資金募集
  4. 資金受け取り・手数料支払 ←【手数料の助成】
  5. 助成金支給

このページに関するお問い合わせ

東京都産業労働局金融部金融課
電話:03-5320-4804 

<事業に関する相談窓口>
CF資金調達支援事務局(銀座セカンドライフ株式会社)
電話:03-6403-9225

<専用サイト(助成金申請)>
https://entre-salon.com/crowdfunding/

ID 1008448