(第477報)店舗型東京版新型コロナ見守りサービスに係る新型コロナ・テックパートナー企業の募集を開始します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年6月12日 14時00分

印刷

東京都では、美術館・博物館、図書館など多くの利用者が訪れる都立施設を安全・安心に利用いただくために、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「東京版新型コロナ見守りサービス」を本日、令和2年6月12日から運用を始めたところです。

この度、都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を構築するため、本取組を事業として展開する「新型コロナ・テックパートナー企業」を募集します。

本サービスにより、市中感染リスクの低減や早期相談につなげ、「新しい日常」の定着とともに、第2波への備えを強化していきます。感染拡大防止のご理解とご協力をお願いいたします。

概要

本サービスは都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する仕組みです。

公募により選定される「新型コロナ・テックパートナー企業」が展開するサービスに応じて、感染情報の通知を行っていただきます(別紙参照)。

事業開始予定時期

令和2年6月下旬からサービス運用を開始予定
※ワクチンが開発される等、新型コロナウイルス感染症が終息した段階で本事業は終了予定

公募期間

令和2年6月12日(金曜日)午後2時から令和2年6月18日(木曜日)午後5時まで

募集要項等の入手先

戦略政策情報推進本部ホームページ

https://www.senryaku.metro.tokyo.lg.jp/tokyodatahighway/covid-19_tec.html

添付ファイル

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都戦略政策情報推進本部ICT推進部次世代通信推進課
電話:03(5320)6273

ID 1008471