(第690報)都営地下鉄駅職員の新型コロナウイルス感染症発症について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年8月19日 14時00分

印刷

感染した職員及び業務内容

  • 都営大江戸線練馬駅勤務 40代男性
  • 助役業務(駅事務室勤務、ホーム監視、旅客案内)

感染確認経緯

8月15日(土曜日)

公休

16日(日曜日)

休暇

17日(月曜日)

休暇

18日(火曜日)

出勤前に38度5分の発熱、
医療機関受診時にPCR検査受検、陽性判明

通勤手段

公共交通機関(鉄道)

対応状況等

  • 職員の休憩室、ロッカー等は、8月18日(火曜日)に清掃消毒を実施
  • 駅の手すりやエレベーターボタン、券売機などの消毒は従来から毎日実施
  • 保健所の指示により、8月15日(土曜日)以降の濃厚接触者について調査を行った結果、当該職員は、8月15日(土曜日)以降、勤務実績は無く、お客様及び他の職員等に濃厚接触者はいない。

当該駅の営業について

上記の対応に加え、全職員に対する毎日の検温徹底、マスクの常時着用、手指消毒の随時実施、改札窓口へのビニールカーテン設置などの感染拡大防止策を実施しており、通常営業としている。

※感染について不安を感じる方は、「東京都新型コロナウイルス感染症電話相談窓口(新型コロナコールセンター)」0570-550571(午前9時から午後10時)にご相談ください。

※職員及び家族への人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

都営交通お客様センター
03-3816-5700 (9時00分~20時00分 年中無休)

ID 1011541