(第702報)警備業務受託事業者職員の新型コロナウイルス感染について(情報提供)

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年8月22日 17時30分

印刷

東京都庁の第二本庁舎に勤務する警備業務受託事業者の警備員が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されましたので、お知らせします。

感染者の概要

年代

40代

性別

男性

居住地

神奈川県内

従事内容

警備業務

経過等

8月17日(月曜日)

宿直勤務帰宅後倦怠感と発熱

8月20日(木曜日)

PCR検査を受検

8月21日(金曜日)

検査結果が陽性と判明

※ 当該受託事業者職員は、8月18日以降の出勤はありません。

※ 当該受託事業者職員は、14日以内における海外渡航・滞在歴は確認されておりません。

対応

  • 当該受託事業者職員の勤務場所の消毒作業を実施しており、都庁業務全体への影響はありません。
  • 濃厚接触者については、現在保健所で調査中です。
  • 受託事業者職員は、透明マスクの着用、手洗い、手指消毒、発熱のチェック等体調確認を行うなど、感染防止対策を実施しています。

 ※ 感染者の方及び御家族への人権尊重・個人情報保護に御理解と御配慮をお願いします。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総務部総務課
電話:03-5388-2319

ID 1011550