(第851報)「東京 i CDC専門家ボード」の設置について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年10月1日 11時00分

印刷

令和2年9月25日に公表した「東京 i CDC」構想に基づき、「東京i CDC専門家ボード」(座長:賀来 満夫氏 東京都参与、東北医科薬科大学特任教授、東北大学名誉教授)を、10月1日に設置します。
「東京i CDC専門家ボード」では、都の感染症対策全般について、患者の発生動向等のエビデンスや最新の科学的知見に基づき、政策に繋がる提言を行っていきます。
このたび、次のインフルエンザ流行期の新型コロナウイルス感染症との同時流行へ備えるため、「東京i CDC専門家ボード」の中に4つのチームを設置して具体的な検討を進めるとともに、外部アドバイザーを選任することとなりましたので、お知らせします。

設置する専門分野ごとの検討チーム及び構成員

「疫学・公衆衛生」チーム(検討テーマ:疫学調査に基づく感染リスクの分析・評価)

  • 鈴木 基
    国立感染症研究所 感染症疫学センター センター長
  • 中島 一敏
    大東文化大学スポーツ健康科学部 教授
  • 谷口 清州
    国立病院機構 三重病院 臨床研究部長
  • 西浦 博
    京都大学大学院医学系研究科 環境衛生学分野 教授
  • 西田 淳志
    東京都医学総合研究所 社会健康医学研究センター センター長

「感染症診療」チーム(検討テーマ:重症患者の症例分析等に基づく対策)

  • 大曲 貴夫
    国立国際医療研究センター 国際感染症センター長
  • 四柳 宏
    東京大学医科学研究所附属先端医療研究センター 感染症分野 教授
  • 永井 英明
     国立病院機構東京病院 感染症科 部長
  • 石田 直
    倉敷中央病院 呼吸器内科 主任部長

「検査・診断」チーム(検討テーマ:検査・診断体制の充実に向けた対策)

  • 石井 良和
    東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 教授
  • 宮地 勇人
    東海大学医学部 基盤診療学系 臨床検査学 教授
  • 三鴨 廣繁
    愛知医科大学大学院医学研究科 臨床感染症学 教授
  • 柳原 克紀
    長崎大学大学院医歯薬学総合研究科 病態解析・診断学分野 教授

「リスクコミュニケーション」チーム(検討テーマ:情報発信、情報収集、調査・分析等)

  • 奈良 由美子
    放送大学教養学部 教授
  • 武藤 香織
    東京大学医科学研究所 ヒトゲノム解析センター 公共政策研究分野 教授
  • 小坂 健 
    東北大学大学院歯学研究科 国際歯科保健学分野 教授
  • 田中 幹人
    早稲田大学政治経済学術院 准教授

その他

「東京i CDC専門家ボード」が調査・研究する事項に関して、客観的な立場から知見を活かした助言をいただくために、次の3名を外部アドバイザーに選任

  • 脇田 隆字
    国立感染症研究所 所長
  • 舘田 一博
    日本感染症学会 理事長
    東邦大学医学部 微生物・感染症学講座 教授
  • 田中 耕一
    島津製作所 エグゼクティブ・リサーチ フェロー
    同 田中耕一記念質量分析研究所 所長

(順不同・敬称略)

このページに関するお問い合わせ

東京都福祉保健局感染症対策部
電話:03-5320-4254

ID 1011758