(第967報)「新型コロナウイルス感染症に関する検査体制整備計画」を策定しました。~インフルエンザの流行等を見据え、約6.5万件/日の検査体制を整備します~

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年10月30日 14時00分

印刷

都は、東京iCDCでの議論を踏まえ、例年1月から2月頃のインフルエンザ流行等を見据えた「新型コロナウイルス感染症に関する検査体制整備計画」(以下、「計画」という。)を策定いたしましたので、お知らせいたします。
計画では、ピーク時を見据えた検査需要を1日当たり約6.5万件と想定するとともに、ピーク時に必要な検査を迅速に実施できるよう、東京都医師会等関係機関と連携し、ピーク前の12月上旬までに検査体制を整備します。

計画の概要 ※計画の詳細は別紙をご覧ください。

検査需要

ピーク時の検査需要を1日当たり約6.5万件と想定しています。

検査(分析)体制

現状

  • 通常時約2.5万件/日、最大稼働時約4.6万件/日を確保しています。

今後の対応

  • 抗原定性検査(抗原簡易キット)の活用を促進することで、最大稼働時約6.5万件/日の検査処理を可能とします。
    ※検体採取体制 
    現在、約2.1万~約6.3万件/日を確保しています(診療時間や体制の拡充により変動)。
    今後、検査を実施する医療機関を拡充し、約6.5万件/日を確保します。

※福祉保健局のホームページ
(URL)https://www.fukushihoken.metro.tokyo.lg.jp/iryo/kansen/kensakeikaku.html
福祉保健局トップページ⇒医療・保健⇒感染症対策⇒新型コロナウイルス感染症に関する検査体制整備計画

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都福祉保健局感染症対策部事業推進課
電話:03-5320-4320

ID 1012141