(第1011報)東京 i CDCリスクコミュニケーションチームによる都民意識に関する予備調査の結果について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年11月12日 14時00分

印刷

「東京i CDC」では、専門家ボードの中に「リスクコミュニケーションチーム」を設置し、情報発信や情報収集、調査・分析等に関する検討を行っています。
この度、都民の皆様の新型コロナウイルス感染症に対する取組状況や関心事を把握するため、Webによるアンケート調査を実施したので、集計結果をお知らせします。
なお、今回の調査結果は、サンプル数が少なく、対象者の属性も東京都の人口構成比率に即したものではないことから、代表性が担保されたデータではありませんが、東京都では、今回の調査を予備調査と位置づけ、今後の本調査の実施に向け、検討を行っていきます。

調査概要

調査方法

株式会社プラスアルファ・コンサルティングが保有するモニターへのWeb調査

調査対象

東京都在住の20代から70代までの男女

回収目標

20代から70代までを各世代200票(男女100票ずつ)収集(60代と70代は合わせて200票を目標)

有効回収票数

935票

実施期間

令和2年10月15日(木曜日)から17日(土曜日)まで

設問構成

Q1 新型コロナ対策の取り組み状況
Q2 新型コロナに対する意識
Q3 モニタリング分析の知名度
Q4 冬に向けてほしい情報
Q5 直面する問題や不安(自由記載)

調査結果

調査結果の概要は別紙のとおりです。詳細は、情報発信サイト「note(ノート)」の「i CDC(東京都公式)」ページに掲載しています。
URL:https://note.com/tokyo_icdc

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都福祉保健局感染症対策部計画課
電 話:03-5320-4254

ID 1012201