(第1237報)新型コロナウイルス感染症への対応に伴う東京都立埋蔵文化財調査センター及び遺跡庭園「縄文の村」の年末年始休館期間の延長について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年12月23日 14時00分

印刷

年末年始期間における新型コロナウイルス感染症の更なる感染拡大防止のため、東京都立埋蔵文化財調査センター及び遺跡庭園「縄文の村」について、以下のとおり年末年始休館期間を延長しますので、お知らせいたします。

休館延長となる施設

東京都立埋蔵文化財調査センター(展示ホール)及び遺跡庭園「縄文の村」
多摩市落合1丁目14番2

休館期間

令和2年12月28日(月)から令和3年1月11日(月・祝)まで(予定)

その他

今後の状況によっては、臨時休館の期間が変更となる場合があります。その際は改めてホームページでお知らせします。
https://www.tef.or.jp/maibun/index.jsp

このページに関するお問い合わせ

公益財団法人東京都スポーツ文化事業団 東京都埋蔵文化財センター
電話:042‐373-5296(直通)ファクシミリ:042-374-2161

ID 1012548