(第1267報)都立多摩総合医療センターの新規入院患者の受入再開について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和2年12月25日 14時00分

印刷

都立多摩総合医療センターでは、一般病棟(1病棟)に勤務する看護師が新型コロナウイルスに感染したことに伴い、12月20日から当該病棟の新規入院患者の受入れを停止しておりました。

この度、当該病棟において新たな感染者の発生がないことから、下記のとおり新規入院患者の受入れを再開することとなりましたので、お知らせいたします。

改めて、病院を利用されている患者とその御家族、地域の医療機関をはじめとする関係者の皆様に、多大な御心配と御迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

新規入院患者の受入再開日程

以下のとおり、新規入院患者の受入れを再開する。

区分

現在の縮小状況

新規入院患者受入再開時期

一般病棟(1病棟)

新規入院患者の受入れを停止

12月27日(日曜日)午前9時から

病院の対応について

  1. 感染が判明した職員と接触のあった入院患者13名についてPCR検査を実施し、全員「陰性」であった。
  2. 当該職員と接触のあった職員8名について、自宅待機とするとともに、検査を実施し、全員「陰性」であった。
  3. 当該職員と接触のあった入院患者13名及び職員8名について、PCR検査の結果が「陰性」であり、感染を疑わせる咳・発熱等の症状も認められないこと、また、当該病棟において新たな感染者は確認されていないことから、所管保健所の助言及び当院の感染症専門医等の意見を踏まえ、当該病棟の新規入院患者の受入れを再開する。

このページに関するお問い合わせ

多摩総合医療センター事務局庶務課
電話 :042-323-5111

病院経営本部サービス推進部事業支援課
電話 :03-5320-5835

ID 1012585