(第1487報)営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金(1/8~2/7実施分)の対象拡大について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和3年1月20日 19時30分

印刷

感染拡大防止の強化に向け、令和3年1月7日付けでお知らせいたしました標記協力金について、これから営業時間短縮の要請に協力いただく店舗に対しても、新たに協力金を支給します。これにあわせて、大企業も協力金の支給対象に追加します。
なお、別紙1・別紙2として対象拡大後の協力金概要を添付しています。

対象拡大の内容

1月22日から営業時間短縮要請にご協力いただく店舗にも協力金を支給【別紙1参照】

大企業を支給対象に追加【別紙2参照】

大企業については、下記の要件を追加

  • 全ての都内直営店舗において、営業時間短縮にご協力いただくこと
  • 傘下のフランチャイズ店についても協力依頼を行うこと

今回の対象拡大に係る支給額

一店舗あたり102万円 (1月22日から2月7日までの17日間)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都産業労働局総務部企画計理課
電話:03-5320-4836

ID 1012855