(第2377報)TOKYO入院待機ステーションを新たに設置します

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和3年8月23日 14時00分

印刷

 

 東京都では、感染拡大により病床が逼迫している状況を踏まえ、入院治療が必要にもかかわらず入院待機となった患者を一時的に受け入れる施設として、酸素投与や投薬治療が可能な医療機能を強化した宿泊療養施設「TOKYO入院待機ステーション」を東京都医師会、医療機関の協力を得て整備することといたしました。
 このたび新たに、八王子市内の医療法人社団永生会 永生病院内に設置します。

TOKYO入院待機ステーションの設置について

<施設概要>

1 設置場所

  医療法人社団 永生会 永生病院内(八王子市椚田町583-15)

2 設置規模

  16床

3 設置日

  8月24日(火曜日)

4 施設の特色

  ・医師は往診で対応 
  ・看護師等の24時間配置
  ・酸素投与及び投薬
  ・血中酸素飽和度、心電図等を常時モニタリング

このページに関するお問い合わせ

東京都福祉保健局感染症対策部事業推進課
電話(直通):03-5320-4258

ID 1014587