(第2692報)高機能型酸素・医療提供ステーションの設置について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和3年11月25日 17時00分

印刷

東京都では、軽症者等を一時受け入れ、酸素投与や抗体カクテル療法などを行う酸素・医療提供ステーションを、現在4か所設置しています。
第6波に備えるため、民間病院と連携し、透析や中期滞在を可能とする高機能型の酸素・医療提供ステーション(赤羽)を新たに設置することといたしましたのでお知らせします。

酸素・医療提供ステーション(赤羽)の概要

施設所在地

東京都北区赤羽南2丁目5番12号
(医療法人社団 博栄会 旧赤羽中央総合病院)

対象者

軽症等の方

規模

最大150床
(うち10床は人工透析病床)

特色

人工透析可能
(週4日:火曜日、木曜日、土曜日、日曜日を予定)
病床逼迫時等は一定期間滞在可能

設置予定日

令和3年12月13日(月曜日)
※運用は感染状況を踏まえ判断

このページに関するお問い合わせ

東京都福祉保健局感染症対策部 酸素・医療提供ステーション担当
電話:03-5320-5905

ID 1020636