(第2062報)若者へのオンラインアンケート調査について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和3年5月24日 14時00分

印刷

感染力の強い変異株が流行の主体となり、若年層の感染リスクや重症化が懸念される中、若い世代の外出自粛等について効果的に呼びかけていくため、その意識や行動に関してオンラインアンケート調査を実施しましたのでお知らせいたします。

調査概要

〇調査方法:インターネット調査
〇調査対象:東京都に住所を有する10代(15歳以上)から30代、1,300人
〇実施期間:令和3年5月17日(月曜日)から5月18日(火曜日)まで
〇調査項目:・通学・仕事以外で、外出する頻度・目的・理由
                  ・「路上飲み・公園飲み」の経験の有無
                  ・外出を控える気持ちになる呼び掛け方
                  ・新型コロナウイルスに対して思うこと など

結果概要(詳細は別紙参照)

〇緊急事態宣言中の外出予定(通学・仕事以外)は、週0日が25.2%、週1日が27.7%、週2日が19.2%。 (約7割の若者が、外出は週2日以内に控えている )
〇外出目的は、「買い物」「散歩や運動」が多い。
〇外出してもよいと考える理由は、「不要不急の外出に当てはまらない」が多い。
〇「路上飲み・公園飲み」をやったことがあるのは約1割。約8割は「経験がなく今後もやらない」と回答。
〇外出を控える気持ちになる呼び掛け方については、「家族、大切な人を守る」が最上位。
〇新型コロナウイルスに対して思うことについては、「収束の見通しが立たないことへの不安」「家族、友人への迷惑は避けたい」が多い。

今後の活用

多くの若者が感染防止対策を徹底していることを念頭に、感染リスクがある現場でのチラシ配布や呼びかけ、学校での啓発、SNS等を活用したメッセージ発信等、ターゲットに訴求する広報を継続していきます。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都政策企画局政策調整部政策調整課
電話番号:03-5320-6228

ID 1013828