(第3130報)東京 i CDCリスクコミュニケーションチームによる都民意識アンケート調査の結果について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

令和4年4月21日 14時45分

印刷

「東京i CDC」では、専門家ボードの中に「リスクコミュニケーションチーム」を設置し、情報発信や情報収集、調査・分析等に関する検討を行っています。
この度、都民の皆様の新型コロナウイルス感染症に対する取組状況、意識や行動を把握するため、Webによるアンケート調査を実施したので、集計結果をお知らせします。

調査概要

調査方法

インターネット調査

調査対象

東京都に住所を有する20代から70代までの者

サンプリング方法

性・年齢構成を東京都の人口比率に合わせた割当抽出

有効回収票数

10,000票

実施期間

令和4年3月15日(火曜日)から3月25日(金曜日)まで

調査項目

感染防止対策の行動
新型コロナに関する気持ち
ワクチンに関する意識や知識
受診に関する意識や経験
新型コロナに関する情報行動
新型コロナの感染・対応についての経験    など

調査結果

調査結果の概要は別紙のとおりです。詳細は、情報発信サイト「note(ノート)」の「i CDC(東京都公式)」ページに掲載しています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都福祉保健局感染症対策部計画課
電話:03-5320-4307

ID 1021425