個人情報を含むメールの誤送信について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

更新日 令和3年7月2日印刷

 本日、個人情報を含むメールを誤って送信する事故が発生しましたので、お知らせします。関係者の皆様に多大なご迷惑をおかけし、深くお詫び申し上げます。
 今後、このようなことが二度と起こらないよう、再発防止に向けた対策を徹底してまいります。

事故の概要

 コロナ対策リーダーを対象としたワクチン接種日時のご案内メールを、誤ってご本人以外の他のコロナ対策リーダーの方に送信した。(約44,000件)
 当該メールには、接種対象者1名の方の氏名が記載されていた。

発生日時

令和3年7月2日(金曜日)午後2時半頃から3時半頃までの間

発生場所発信部署

東京都総務局総合防災部

事故の経緯と対応

(1)午後2時頃、接種対象者の方1名から「ワクチン接種日時の案内が届かない」とのご連絡をいただいた。

(2)当該対象者の方にワクチン接種日時のご案内のメールを個別に送信。この際、誤って他の方も送信対象に入れて送信処理を開始してしまった。

(3)送付した職員が誤送信に気づき、送信処理を中止するとともに、直ちにご本人に対して、状況についてご説明し、謝罪をした。

(4) 午後6時半以降、誤送信先の全員に、当該メールの削除依頼とお詫びのメールを順次送信中

(5)当該接種対象者1名の方以外の誤送信はありません。

発生の原因

 メール送信の際、宛先のアドレスを誤って設定したが、その設定内容が正しいかどうかの確認及び他の職員によるダブルチェックを怠ったことが原因

 

再発防止策

 保有する個人情報の取扱いについて改めて関係職員に確認を行うとともに、送信前にアドレスのダブルチェックを確実に行うことなどで、個人情報の適切な取扱いについて更なる徹底を図り、再発防止に努めてまいります。

このページに関するお問い合わせ

《東京都緊急事態措置等・感染拡大防止協力金相談センター》
電話番号:03-5388-0567
開設時間:9時から19時まで(土日祝日含む毎日)
※おかけ間違いにご注意ください。

ID 1014208