海底火山「福徳岡ノ場」の噴火に伴う軽石への対応について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

更新日 令和3年11月16日印刷

 海底火山「福徳岡ノ場」の噴火に伴う軽石については、伊豆諸島へ漂着する可能性があります。東京都では、引き続き関係機関と連携して伊豆諸島における軽石の漂流・漂着に係る情報を収集するとともに、以下の対策に取り組んでいきますので、お知らせします。

1 港湾・漁港への流入に係る対策

○ 軽石の港内への流入が想定される場合は、地元自治体や漁業関係者と調整のうえ、オイルフェンスを設置

○ 既にオイルフェンスを確保しており、現在、各支庁において設置準備を進めている

○ なお、港内に流入した場合は、陸上から重機で撤去

2 漁業への影響に係る対策

○ 海上保安庁の情報を、支庁経由で各漁業協同組合に提供

○ 漁業調査指導船(みやこ・やしお・たくなん)による漂流状況のモニタリング強化、国、各県、漁業者等を通じた情報収集

○ 漁業無線局(島しょ農林水産総合センター八丈事業所・小笠原水産センター)を通じた漁船等への情報発信

このページに関するお問い合わせ

【問い合わせ先】

(漂流・漂着に関すること)総務局総合防災部防災対策課

    電話03-5388-2456

(漁業に関すること)産業労働局農林水産部水産課

    電話03-5320-4848

(港湾・漁港に関すること)港湾局離島港湾部計画課

    電話03-5320-5664

(現場の対応に関すること)各支庁の総務課にお問い合わせください。

ID 1020603