【第3報】平成26年5月8日の奥多摩町における山林火災への対応について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

平成26年5月9日

印刷

第3報 9:00現在

昨日発生した奥多摩町の山林火災への対応の状況及び都の態勢等については、下記のとおりです。

1 火災の状況

出火場所は、奥多摩町境435付近(奥多摩町役場南西方向2キロメートル)

延焼による人家への影響は、なし。

5月9日6時37分 延焼面積約6ヘクタールの火災の鎮圧(※)を確認

※「鎮圧」:有炎現象が終息した状態

2 主な対応経過

5月8日

11時10分 東京消防庁が山林火災を把握

11時15分 奥多摩町役場が山林火災を把握

13時10分 都から自衛隊に対する災害派遣要請

5月9日

6時37分 約6ヘクタールの火災を鎮圧

3 各機関の対応

(1)自衛隊の対応

5月8日

13時10分 ヘリコプターによる山林火災の消火活動(要請先:陸上自衛隊第一師団)

13時16分 ヘリ2機が立川駐屯地から離陸

13時20分 ヘリ1機が立川駐屯地から離陸、情報収集活動開始

14時10分 ヘリ2機が相馬原駐屯地から離陸

14時31分 ヘリ1機が立川駐屯地から離陸し、航空統制

14時34分 立川駐屯地からのヘリ2機が散水開始

15時12分 相馬原駐屯地からのヘリ2機が散水開始

15時13分 奥多摩町役場に連絡員等を派遣

17時30分 消火活動終了

5月9日

5時00分 現地関係者会議に参加

5時15分 先遣隊として10名が出場

5時50分 10名がジェットシューターによる消火活動を開始

現在は、22名が消火活動中

(2)東京消防庁の対応

5月8日

12時33分 ヘリコプター3機による消火活動開始

12時40分 第2回ヘリコプターによる消火

以降7分ごとにヘリコプターによる消火を実施

14時40分現在 消防団員103名が対応活動

16時37分現在 消火ヘリ4機、情報ヘリ1機で活動

17時30分 地上部隊が下山

夜間は奥多摩署が高台から警戒

5月9日

5時00分 現地関係者会議を開催(現地指揮本部長:奥多摩消防署長)

5時15分 先遣隊として2名が出場

5時50分 20名がジェットシューターによる消火活動を開始

現在は、41名が消火活動中

(3)東京都の態勢

5月8日

12時45分より情報連絡態勢を継続中

13時00分より現地連絡員2名を派遣

(4)奥多摩町の態勢

5月8日

11時15分より警戒態勢を継続中

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1001154