平成30年北海道胆振東部地震に対する都の支援等について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

更新日 平成31年4月1日印刷

庁内の体制

危機管理対策会議等を開催し、被害状況や各局の支援状況を確認
9月6日 危機管理対策会議

都職員等の派遣等 

警視庁、東京消防庁など、これまで延べ144名の都職員を派遣
※()は現在活動中

救出救助等【142名】【終了】

緊急消防援助隊 132名
特殊救助隊 10名

復興支援【2(1)名】

道路、河川等の災害復旧 2(1)名

その他の支援等

救助物資の提供

  • 乳児用液体ミルク 1,050個
  • アルファ化米 1,000食
  • 米粉クッキー 1,000食
  • 紙おむつ(乳幼児用・要介護者用) 2,376枚
  • 生理用品 5,400枚

義援金の募集、募金箱の設置等

  • 庁舎1階受付、全国観光PRコーナー、都庁展望室等に募金箱を設置
  • 都が実施するスポーツイベント等での義援金の実施
  • 被災地の生徒の都立学校への受入れ等

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災対策課
電話:03-5388-2561
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1006137