新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止対策の取組事例の掲載について

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

更新日 令和2年11月18日印刷

概要

店舗等において実際に行っている新型コロナウイルス感染症の感染防止策を東京都感染拡大防止チェックシートの5つの項目で整理し、ご紹介いたしますので、皆様の取組のご参考としてください。
なお、該当する項目が重複する場合もありますので、予めご了承ください。

1 手洗いの徹底・マスクの着用

業種:居酒屋
店名:近畿大学水産研究所 銀座店

画像:店頭において、マスクケースを配布している写真
マスクケースの配布
  • 来店客一人ひとりに抗菌加工済の紙製のマスクケースを配布しており、飲食中の置き場に困らず、衛生的に保管できる取組を行っている。
  • 配席等テーブルレイアウトを工夫し、ソーシャルディスタンスの確保を図っている。

2 ソーシャルディスタンス(できるだけ2mの距離を保つ)

業種:居酒屋
店名:室町 ハラカラ

画像上:透明のアクリル板で仕切られた店内カウンターで、1席ごとに置かれている消毒用アルコールスプレーの写真。画像下:待合スペースの壁沿いに並べられた丸椅子の上に、×印が書かれた紙が1席おきに置かれている写真
上:消毒用アルコールの設置
下:待合席における工夫
  • 着席の際は1席おきに案内するとともに、待合席も椅子に×マークを置き、1席おきに座るよう誘導することで座席の間隔があくよう工夫している。
  • 1席ごとに消毒用アルコールを設置し、客が適時手指消毒を行えるようにしている。

業種:ラーメン店
店名:鶏ラーメンTOKU

Facebook : https://www.facebook.com/鶏ラーメン-TOKU-674434139327781/

画像:席ごとに仕切られた店内カウンター上には、それぞれに消毒用アルコールスプレーが設置されており、椅子の上には×印が書かれた紙が1席おきに置かれている。また、カウンター上部にはサーキュレーターが設置されている。
ラーメン店における工夫
  • 客が1席おきに座るように椅子に×マークを置き、座席の間隔があくよう工夫している。
  • 席ごとに飛沫防止用の仕切りを設置している。
  • 各テーブル・カウンターの1席ごとに消毒用アルコールを設置し、客が適時手指消毒を行えるようにしている。
  • サーキュレーターを複数配置し、店内の換気を行っている。

業種:書店
店名:三省堂書店 有楽町店

https://www.books-sanseido.co.jp/shop/yurakucho/

画像左:レジの入口表示と、床に間隔を空けて待機列の目印が描かれている写真。画像右:レジカウンターの前に、ビニールシールドが設置されている写真
左:レジの入口と待機列の目印
右:レジカウンターのビニールシールド
  • レジ待機列に目印を付けるとともに、入り口を1か所に絞り、レジの台数も制限することで3密回避に取り組んでいる。

業種:スポーツジム
店名:ワールドプラス ジム 大森店

https://www.worldplus-gym.com/shop/kanto/omori/

画像:エアロバイク間のパーテーション画像
各マシーン間のパーテーション
  • 施設内にマスク、アルコール消毒液を設置し、利用者や従業員の感染防止対策を徹底している。
  • チェックシート、サーモガンによる検温等により利用者や従業員の体調管理を徹底している。
  • 空気除菌循環装置や、ロスナイ換気システムを設置し、24時間施設内の換気と感染予防を図っている。
  • 各マシーンの間にパーテーションを設けることにより、ソーシャルディスタンスを確保している。

業種:イベント コミュニケーションラウンジ
店名:Parfait KANDA

Facebook : https://www.facebook.com/pg/Parfait-KANDA-714377045658559/posts/

図:パーテーションの取組み
テーブルのパーテーション
  • 利用者用の非接触型体温計を常備し検温を徹底するとともに、従業員についても出勤前の検温による体調管理を行っている。
  • テーブルを透明なパーテーションで区切ったり、席の間隔を十分取り、ソーシャルディスタンス確保上の工夫をしている。
  • 利用者ごとに、使用したファブリック等の消毒を行い、営業時はドアを開放し、換気している。

3 「3つの密(密閉、密集、密接)」を避けて行動

業種:旅行用品専門店
店名:有楽町トコ―

画像:壁際に置かれているサーキュレーターと、天井から吊り下げられているビニールシールドの写真
従業員用休憩スペースにおける工夫
  • 従業員用休憩スペースで、サーキュレーターによる換気や狭いながらもDIYで工夫してビニールシールドの設置を行い、職場内感染の防止を図っている。

業種:居酒屋
店名:酒処ひょうきん村

画像:テーブルに設置されている、角を丸く加工された透明のアクリル板の写真
手作りのアクリル板
  • 角を丸くし、安全性に配慮した手作りのアクリル板を各テーブルに設置している。
  • 3密が予測される場合は店外入口に「満席中」の表示をし、時間により入店制限を行っている。

4 施設の清掃・消毒

業種:蕎麦居酒屋
店名:江戸や

画像左:テーブルの上の可動式パーテーションを人が動かしている様子の写真。画像右:テーブルの上に可動式パーテーションが設置されている写真
可動式パーテーション
  • 可動式のパーテーションを手作りで作製し、状況に応じてすぐに使用できるようにしている。
  • 醤油等、テーブル設置の共用調味料については、容器の消毒を徹底している。
  • 希望する方に、フェイスシールドを貸し出している。

5 利用者・従業員の体調管理

業種:美容室
店名:ヘアーメーク アース 綾瀬店

https://hairmake-earth.com/salon/salon-83/

画像上:利用者にアルコール消毒とマスクの着用を促す案内表示と、消毒用アルコールスプレーがレジカウンターの前に置いてある写真。画像下:歩道に面している店舗の窓ガラスに、外の人が見えるように、店舗の感染症防止対策の取組の案内と、利用者へのマスク着用を促すポスターがそれぞれ掲示されている写真
利用者の感染防止対策の徹底
  • 利用者向けのマスク着用等について、分かりやすく店内外に向けて案内をしている。
  • 利用者が来店した際の検温を徹底し、37.5℃以上の熱がある方には入店を遠慮していただいている。
レジカウンターの上に、手持ち型の検温器が置いてある写真
利用者の検温の徹底

このページに関するお問い合わせ

《東京都ステッカー申請・感染拡大防止協力金相談センター》
電話番号:03-5388-0567
開設時間:9時から19時まで(土日祝日含む毎日。ただし、12/31~1/3を除く)
※おかけ間違いにご注意ください。

ID 1011865