【モニター募集】デジタル技術を活用した家庭の防災・省エネ行動促進事業

このページの情報をXでポストできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

更新日 令和6年1月24日印刷

デジタル技術を活用した家庭の防災・省エネ行動促進事業(スマート分電盤)への実証モニターの募集について

事業概要

本事業は、東京電力ホールディングス株式会社と連携し、デジタル技術を活用した家庭の防災・省エネ行動の促進のために、地震発生時の通電火災の防止、電気機器関係のトラブルから発生する火災の予防及びエネルギーマネジメント機能を有したスマート分電盤を一般住宅等にモデル的に整備し、その有効性を評価・検証することを目的としています。

パンフレット

申込に際しましてご確認ください。

モニター対象

・東京都内(島しょを除く)の木造住宅に居住する方(「東京都出火防止対策促進事業」の対象世帯は除く)

※「東京都出火防止対策促進事業」については、下記ホームページをご覧ください。

・東京都内(島しょを除く)の木造住宅密集地域における非木造住宅に居住する方

木造住宅密集地域の一覧についてはこちらをご確認ください。

申込方法

以下の宛先に郵送又はメールにてお申し込みください。

・郵送の場合:〒163-8001 東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁第一本庁舎11階南側
東京都総務局総合防災部防災計画課 東京都実証窓口 宛

・メールの場合:S0031505 (at)section.metro.tokyo.jp(at)を@に変えて送信して下さい。
東京都総務局総合防災部防災計画課 東京都実証窓口 宛

申込書

必要事項をご記入の上申し込んでください。

申請期限

令和6年2月29日(木曜日)まで(500件のお申し込みに達するまで)

留意事項

・分電盤の状態によっては、電力センサーの設置により分電盤の蓋が閉まらない、もしくは分電盤の外に電力センサーを設置する場合があります。設置工事が困難とされる場合には、実証にご参加頂けない可能性もありますのでご了承ください。
・通電火災防止の感震遮断機能を追加設置するにあたり2025年1月頃に感震センサーの設置を実施します。予め壁の穴あけ工事の許諾を頂けない場合は、実証への参加をお断りする可能性もありますのでご了承ください。
・実証で使用する機器の第三者への転売、譲渡は出来ません。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災計画課
電話:03-5388-2359
メールアドレス:S0031505(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1028498