平成28年熊本地震への都の対応(第13報)<熊本県への被災宅地危険度判定士の派遣について>

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

平成28年4月21日 11時30分

印刷

熊本県からの要請を受け、以下のとおり被災宅地危険度判定士を派遣することとしましたので、お知らせします。

1 被災宅地危険度判定士の派遣

  • 期間:平成28年4月22日(金曜日)~26日(火曜日)(うち3日間判定作業)
  • 人数:土木職3名(都市整備局 管理職級職員1名、課長代理級職員2名)
  • 場所:熊本県内

※ 被災宅地危険度判定士
当該市町村又は都道府県の要請により、大規模な災害を被った宅地について、客観的な尺度を用いて危険度を判定する技術者です。主に、土木・建築等の技術者で、一定の専門技術資格・経験を有し、都道府県が実施する「被災宅地危険度判定士養成講習会」を受講し、登録することが要件となっています。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1002657