平成28年熊本地震への都の対応(第15報)<東京都こころのケアチーム・保健師・生活保護ケースワーカーの派遣について>

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

平成28年4月21日 17時30分

印刷

福祉保健局では、人的支援として、下記の取組を継続・実施いたします。

1 東京都こころのケアチーム、保健師の派遣

4月18日16時30分に第6報でお知らせしたとおり、厚生労働省からの要請に基づき「東京都こころのケアチーム」及び保健師の派遣(第1班)を行っており、引き続き以下のとおり職員の派遣を継続します。

  1. 「東京都こころのケアチーム」(第2班)を派遣【医師、看護師、事務 各1名】
    (4月25日から5月1日まで)
  2. 保健師等の職員(第2班)を派遣【保健師3名、事務1名】
    (4月25日から30日まで)

2 生活保護ケースワーカーの派遣

全国知事会からの要請に基づき、生活困窮者対策、生活保護受給に関する相談 対応を行うため、熊本県阿蘇福祉事務所にケースワーカー(先遣隊)を派遣しま す。 【ケースワーカー2名(都職員)】(4月25日から28日まで) 

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1002659