平成28年熊本地震への都の対応(第18報)<医療救護班、DMATロジスティックチーム、保健所支援チームの派遣について>

このページの情報をツイッターでツイートできます
このページの情報をフェイスブックでシェアできます
このページの情報をラインでシェアできます

平成28年4月22日 16時30分

印刷

福祉保健局、病院経営本部では、人的支援として、下記の取組を継続・実施いたします。

1 医療救護班の派遣

4月20日20時40分に第11報で発表したとおり、都と東京都医師会との協定に基づく医療救護班(第二陣)の派遣を行ったところですが、次のとおり、第三陣の派遣を行います。
また、同じく第11報でお知らせした、医療救護班の現地での活動を支援するための職員の派遣は継続します。

  1. 派遣数及び構成(予定)
    2班10名(都立病院1病院を含む2病院より各1班)
    班構成:医師1名、看護師2名、薬剤師1名、業務調整員1名の計5名
  2. 派遣予定期間
    上記2班のうち、
    1班:4月25日~4月28日
    1班:4月25日~4月29日
  3. 被災地での活動について
    被災地内での医療救護活動等

2 DMATロジスティックチーム隊員の派遣

4月23日~29日の間(予定)、DMATロジスティックチーム隊員を災害拠点病院から1名(看護師)派遣し、現地での業務調整を支援します。

3 保健所支援チームの派遣

全国知事会からの要請に基づき、東京都保健所支援チーム(第1班)を派遣します。

  1. 派遣体制
    医師1名、保健師等2名
  2. 派遣期間
    平成28年4月25日~30日
    (以降、各班5泊6日のローテーションにより派遣予定)
  3. 派遣先
    熊本県御船保健所
  4. 活動内容
    被災地市町村保健・医療業務の支援等

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

東京都総務局総合防災部防災管理課
電話:03-5388-2453
メールアドレス:S0000040(at)section.metro.tokyo.jp (at)を@に変えて送信して下さい。

ID 1002664